証券取引の基礎

権利付き最終日とは何か?

権利とは?

株式を購入してもすぐに株主と認められるわけではありません。配当金や株主優待を受け取る権利、株主総会への出席、投票する権利などを得るには、権利確定日に株式を購入してある必要があります。その権利確定日までに間に合う株式の取引最終日が「権利付き最終日」です。この日を超えて株式を購入すると次の権利確定日まで上記のような株主としての権利は与えられません。

決済は4営業日後

現在、株式の決済は4営業日後となってます。つまり月曜日に購入した株式は木曜日に決済が終了します。(ただし、月曜日に買って同日に売却したり、翌日に売却することは可能です。)従って、権利確定日が3月末なら、その4営業日前には株式を購入する必要があります。

例えば、権利確定日が2011年の3月末なら4営業日前の28日(月)までに株式を購入する必要があります。この日を越えると「権利落ち」となります。

校則で化粧を禁止