証券取引の基礎

信用取引の仕組み

信用取引とは何?

信用取引とは投資家が持つ現金、株券などを担保に証券会社から融資を受けたり株券を借りたりして、レバレッジを効かせて取引する方法です。最大で担保の3倍程度の取引が可能ですが、レバレッジを高めるとそれだけリスクも高まるので、信用取引を行うにはリスク管理が必須となります。

信用取引は、証券金融会社という専門企業が融資資金や株券を貸し出してくれる制度信用取引と、証券会社自らが融資資金を用意したり株券を貸し出す一般信用取引に分かれます。

信用の売りとは何?

一般的に「カラ売り」と呼ばれている投資方法です。通常、株は安く買って高く売るものだと考えられていますが、信用の売りは、それとは逆になります。

信用の売りは、株券を借りてきて、前もってその株券を売ることから始まります。株価が下がったところで株券を調達して返します。つまり、株価が下がるほど、利益が出るという取引です。つまり、信用取引は株価が上がっても下がっても投資機会があるということです。

一般信用取引の仕組み

当初、ネット取引で広まった信用取引は制度信用取引と言われるものです。その融資資金や株券融資は証券金融会社を通じて行います。この制度信用取引はポジションを立ててから半年後(6ヶ月後)には強制的に決済する必要があります。損をしていれば損失確定です。

一方、一般信用取引は証券会社自らが融資資金、株券を調達するなどの理由でルールが緩和されています。一般信用取引では決済までの期間は証券会社が自由に決められるため、半年の投資期間を撤廃して期間無制限という取引を行っている会社もあります。

校則で化粧を禁止