ネット証券取引の基本

証券口座を開設する!

証券会社のホームページを訪問する

証券会社に口座を開くには、まず証券会社のホームページにアクセスする必要があります。このサイトに各証券会社へのリンク(バナーなど)が張ってありますので、そこから各証券会社のホームページにアクセスできます。

口座開設フォームに入力する

検索して証券会社のホームページに行くと、そのページ内に「口座開設」のボタンがあります。それをクリックして、口座申し込み画面で名前や住所、投資経験などの個人情報を入力して行きます。

口座開設申込用紙を返送する

無事、入力が終わると後日、自宅に口座申し込み用紙が郵送されてきます。その申し込み用紙を確認してサインと判子を捺します。そして、自分を証明する運転免許書などのコピーなどの書類を同封して送ります。この際、口座申し込み用紙に捺した印鑑は忘れずにいてください。後ほど、登録情報の変更などで必要になることもあります。

ログインIDとパスワードが届く

口座が開設されると取引に必要なログインIDとパスワードが郵送で送られてきます。なお、この際の郵便物は受取の際に印鑑もしくはサインが必要になります。一人暮らしなどで日中に家族もいなく、受け取れない場合は再送してもらったり郵便局へ受け取りに行くなどして受け取ってください。

口座開設終了までの期間

ちなみに証券会社側へ書類を郵送してから口座開設完了の通知が来るまで10日前後(休日含む) かかると思ってください。私の場合、SBI証券で7営業日かかりました。相場が盛り上がり新規口座開設が増える場合は別ですが、基本的に他社も同じぐらいの期間で口座開設が完了し、ID、パスワードの郵送物が届くと思います。

サポートセンターを活用しよう

口座開設の途中で困ったことがあったら、迷わずに証券会社のコールセンターに電話してみましょう。サポートセンター(コールセンター)は無料なので有効に利用するべきです。証券会社側も新しいお客様を得られるチャンスなので喜んで対応してくれます。わりと多くの人がこの口座開設の段階で挫折してしまうという調査データもありますので、サポートセンターを活用しながら口座開設を無事に終了させましょう。

校則で化粧を禁止